You are here: Home / TinBlog / 秋の水槽大掃除

秋の水槽大掃除

Posted by h2 at Oct 01, 2013 03:15 PM |
Filed under:
秋の水槽大掃除を敢行。といっても、自宅のではなく、実家で親が飼っている金魚の、だけど。しかも、先週の土曜日。その日のうちにブログまとめろよと、我ながら思うけど。。。

ともあれ、親のところにおいてある水槽、というか、睡蓮鉢の大掃除をいたしました。

 

この睡蓮鉢、飼っている金魚二匹にとっては少々狭いので、汚れが溜まりやすいのですよ。もっと大きめの入れ物で飼えれば良いのだけど、もろもろの事情があって難しいもので、やむを得ず、水替えを多めにするなどでしのいでいる状態。汚れが溜まりやすいので、年に二回の大掃除をしている。

そんなわけで、先日の土曜日、水温も落ち着いてきたので、大掃除をしました。

まずは、金魚どもをバケツに退避。

2013秋大掃除-金魚退避

赤い方は、甥っ子が金魚すくいでゲットした小赤。・・・もはや全然小さくないけど。

もう一匹は、朱分金。同じ年に入手した、当歳魚だけど、二匹揃って、今年で確か10年ぐらいだと思う。

 

つづけて、金魚をどけた睡蓮鉢の水を抜き、濾過装置を取り出す。睡蓮鉢は狭いので、底面濾過と投げ込み式を併用している。普段の水替えでは、投げ込み式のほうだけ洗っているのだけど、大掃除なので、今回は砂利の底に埋めてある底面式濾過も掃除する。

2013秋大掃除-底面濾過装置1

この底面濾過装置は、箱のようになっていて、ばかりと開くことができるのだ。なかなか便利。

2013秋大掃除-底面濾過装置2

なかはと言うと、当然のごとく、汚れて泥だらけになっているので、これを綺麗に掃除する。

合わせて、睡蓮鉢のなかの砂利も、二度ほどざっとすすいでおく。

掃除に使う水は、カルキを抜いたものを使用する。水道水そのままだと、カルキで、濾過の主役バクテリア様が全滅しかねないので。

 

一通り洗い終わったら、再び底面濾過の箱を砂利の底に埋め戻す。

2013秋大掃除-濾過装置を戻す

ちなみに、睡蓮鉢の内側に付いている苔については、わざと洗い落としていない。この苔は、この先冬になった時に、鉢の水の保温に役立つからだ。

ついでに、暖かい日など、金魚が「小腹が空いたな〜」でつまみ食いする食料にもなるし。

 

全部組み付けが終わったら、避けておいた金魚戻す。・・・のだけど、水槽が小さいせいもあり、金魚を避けておいた水だけだと、水量が少なく、戻した時に水深が足りなくなるので、そのまま、どばっ、とは戻せない。かといって、新水を張っておいて、そこに戻すのも、水質が急変してしまうので好ましくはない。

そこで一工夫。

2013秋大掃除-金魚を戻す

こんな風に、金魚がいるバケツごと、睡蓮鉢の中に入れてしまう。そして、新しく追加する水を、エアチューブとサイフォンの原理を利用して、バケツの方にゆっくりと注ぎ込むようにする。こうすることで、金魚がいる水の水質変化が緩慢になるようにしてやるのだ。

バケツから溢れた水は、そのまま睡蓮鉢に溜まるので、適当な水量まで溜まってから、金魚を睡蓮鉢に移してやれば良い、と言う寸法。

2013秋大掃除-水を追加

あとは、こんな感じでタラタラと水を追加。のんびりとお茶を飲みながら、待つこと二時間弱。

2013秋大掃除-完了

適当な量の水が溜まったら、バケツから睡蓮鉢に金魚を移動させる。

ついでに、投げ込み式の濾過装置を戻してから、さらに水を追加。

 

水が一杯になったら、大掃除完了。

これで、安心して冬を越せる。

Filed under:
« April 2019 »
April
SuMoTuWeThFrSa
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930