You are here: Home / TinBlog / 金魚の尻鰭

金魚の尻鰭

Posted by h2 at Nov 23, 2012 03:08 AM |
Filed under:
金魚の鰭は、いろいろな形をしている。特に尾鰭は、千差万別と言っていいほどだ。ところが、鰭の数となると、基本的に決まっている。ただし、背鰭と尻鰭を除いて。

背鰭については、らんちゅう系統の金魚にはついていないのは周知の通り。

これは、その背中を鑑賞するのが主な目的だから。人間の手によって、選別淘汰の結果、現在のような姿になったわけだ。

ところで、金魚には、背鰭の他にもう一つ、鰭の数が異なる部分がある。

どこかというと、尻鰭。具体的な場所は、こちらの図を参照されたし。

 

・・・で。自分は今まで、尻鰭の数によって選別淘汰が行われてきた云々という話は聞いたことがないんだよね。

ただ、漠然と、丸型や樽型の金魚は尻鰭が二枚で、鮒型の中に一枚のものもいる、程度に思っていた。

これは、自分が今まで見てきた金魚の多くが、そうだったから。

 

ところが。今飼っているヤツの中に、そうで無いのがいたですよ。

他でも無い、桜東二号だ。

桜東二号の尻鰭

このとおり、見事に一枚。

 

つくづく、イレギュラーづくしなヤツだ。

ちなみに、和蘭獅子頭の方はと言うと、

和蘭獅子頭の尻鰭

ちゃんと二枚ある。

 

・・・むう。となると、尻鰭の枚数というのは、結構あやふやなのかも知れないなあ。それとも、血統か何かだったりして。

こんど、繁殖の仕事している人に聞いてみることにしよう。

Filed under:
« August 2019 »
August
SuMoTuWeThFrSa
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031