You are here: Home / TinBlog / B級っぷりがたまらない

B級っぷりがたまらない

Posted by h2 at Jul 20, 2012 12:35 AM |
Filed under: ,
関東地方ローカルネタ、しかもテレビなのだが。テレビ東京で、平日昼にやっている午後のロードショー、じつに良い感じのB級映画を取りそろえてくれているのですよ。それはもう、腹がよじれるほどのB級っぷりで、欠かさず録画しておくほどのお気に入り。

そして本日、というか、昨日やっていた映画に、久しぶりにひっくり返ったのですよ。

「MEGA SHARK vs GIANT OCTOPUS」という映画だったのだが。

日本語にすると、「どでか鮫対巨大蛸」。もう、タイトルからしてB級を絶叫している。

 

そして始まった映画の冒頭。なぜか、潜水艦の発進シーン雪山の空撮シーン目が痛くなるようなザッピング

その映像の潜水艦が、オモチャ臭いことったらない。

しかも、海生生物の話なのに、なぜ雪山のシーンが流れるのか。意味がサッパリわからない

 

さらに、なぜか、その雪山の映像が、妙に綺麗なんだよね。

・・・これって、絶対「資料映像」だよね、そうだよね! どう考えても、本編のカメラと性能違いすぎるもんね!

話の初っぱなから、いきなりの資料映像たれ流し。よほど制作費が無かったのか、たんにケチっただけなのか。

いずれにしろ、もうこの時点で、◎B級だ。期待度MAX

 

そして始まった映画の内容が、もう、期待通りのB級っぷりで、最高。

 

巨大鮫が旅客機を襲うシーンとか。

その直前、客室乗務員が「エアポケットが云々」って話してたよね。

その前後の雲のシーンとかあるし、どんなに少なめに見ても、旅客機の飛行高度、五千メートルは下らないよねえ。

つまり、この鮫ちゃんは、海面から五千メートルの超絶ジャンプをカマして襲いかかったことになるんだけど。

・・・跳べるかっ! よしんば飛べたとして、その後の五千メートル自由落下プラス着水で、体が粉々になるに決まってんだろ!

 

駆逐艦(でいいのか?軍事にはあまり詳しくない)が攻撃するシーンとか。

「距離500ヤード(約450メートル)、射程圏内に入りました!」「よし、砲撃開始!」

射程距離からして、てっきり魚雷だと思っていたら・・・え、砲撃? そして次のシーンで、・・・主砲かよっ

しかも、その主砲、砲身が水平、というか発射態勢にすらなってない。

じゃあ、主砲準備の映像があるのか、と思いきや。

なんと、そのまま見事に発射して・・・ああ、自分の船体に砲弾が直撃して・・・以前の問題で、火花がセコいっ

たとえて言うなら、ライターの着火に失敗しました、程度の火花が、砲の先端に、ポンポンと。

そのセコさを誤魔化すためか、無駄に全画面のホワイトフラッシュを差し挟んでいたり。

・・・・なんだろうな、この違和感。

そして、ここで気がついた。このシーンも資料映像かよっ

 

特殊部隊が突入してくるシーンとか。

制圧が目的のハズなのに、しかも相手が丸腰一般人なのに、たかが数メートルの距離でレーザー照準器とか。

しかも、その距離の照射で、既にポインタの光が拡散しているんですけど。ついでに、照準の光が明るすぎだよね。

さらに突っ込むと、銃口と照準の明かり、どれ一つ合ってないし。

・・・これって、絶対、プレゼンテーションでスライド表示なんかに使用している事務用レーザーポインタだよね!

しかも、ひどい安物使ってるねっ!

 

あまり書くとネタバレするから、このへんで。

つづきは、是非自分で見て、腹を抱えて下さい。

B級、万歳\(^o^)/

Filed under: ,
« August 2019 »
August
SuMoTuWeThFrSa
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031