現在位置: ホーム / TinBlog / Good-Bye, PHOTOSHOP ??

Good-Bye, PHOTOSHOP ??

作者: h2 最終変更日時 2011年11月12日 16時40分 |
そこかしこで物議を醸しているので、ご存じの方はご存じの通り。Photoshop という有名な画像系アプリを作っている会社が、アップグレードポリシーを変更して、直前一バージョンしかアップグレード対象としない、という暴挙に出た。

メールが届きましたよ。これ、この通り。

adbeアップグレードポリシー変更のお知らせ

文面自体には秘匿義務やらはないハズなので、遠慮なく曝す。

 

これの何が問題なのか、と言うと。

そもそものはじまり、昔のPhotoshopには、アップグレードに足枷はなかったのだ。

ソフトそれ自体、高価なモノではあったが、一度購入しておけば、つぎのアップグレードは、自分が必要としている機能が導入されたタイミングで、好きにできた。

 

それに、足枷がかかりはじめたのが、たしかCreativeSuitを名乗りだした PhotoshopCS1 のあたりだっただろうか。

当時の改訂により、アップグレードは3バージョンまで、と制限がついたのだ。

当時、自分は Photoshop7 を持っていたのだが、このアップグレードポリシーの変更により、CS3 までしかアップグレードできなくなった。

そこで、CS3 を待ってアップグレードをしたわけだが。

 

だが、ちょっと待て、と。

そもそも、このアップグレード、Macユーザーの自分としては、仕方なくCS3まで待っての対応だったりしたのだ。

本当なら、CS2の段階で、ある程度必要な機能が揃ってはいたのだが、このバージョン、なんとモダンOSへの対応が不十分な状態だったのだ。

内部の作りのお話なので、大半の人にはわかりづらい点なのだが、PhotoshopはCS2まで、Carbonという旧態依然な環境で動作していたのですよ。
しかも、Intel非対応。Rosettaで動かせ、と。そんな状態のソフトなんて、買えるわけないじゃんか。

 

・・・まあ、アップグレードが無制限、は、さすがにボーナス過ぎるとは思うので、この3バージョン縛りは、ある程度納得できたのだけど。

 

だが。今回は、それすら捨てて、まさかの直前バージョンのみ

現在のCS5の出来を見る限り、これはあり得ない

もう、馬鹿か、と。

 

この状態で、もし自分(CS3持ち)が、CS6にアップグレードしようとすると、どうなるか、と言うと。

 

CS3 --> CS5 にアップグレード。締めて2万円後半の出費。

CS5 --> CS6 にアップグレード。さらに2万円後半(詳しい価格はアナウンスされていないので、直前と同額として予想)の出費。

 

合わせて、5万円超(下手したら6万台)の出費。

あげく、手元には、無用の長物と化すこと確実のCS5が残ることに。

 

CS3からCS5にアップグレードしたとしても、自分としては、描画時にキャンバスを回転できること以外のメリットは、ないんだけどね。

デジカメRAWの現像は、Apatureでやっちゃってるし。

 

この状態で、どうしても Photoshop を使いたい、となった場合は、

 

1. 本気で無意味なadobe税6万円前後を払って、CS6をゲット

2. CS6、またはそれ以上のバージョンを、新規契約扱いで再購入

 

なのだが。

・・・もう、考えるまでもない。

 

3. Photoshopを捨てて、ほかのソフトに乗り換える

 

でしょ、普通。

CS6で、どんな機能が投入されるかすらわかっていない現状で。

アマで、趣味レベルの絵を描いて遊んでいる自分にとって、いまや、1万も出せば、十分な機能のソフトが手に入るわけだし。

どうしてもPhotoshopでないと、なんていうレベルの機能なんて、ほとんどないわけだし。

プロユースの現場だって、もはや、他のアプリを寄せ付けないハイレベルアプリ、じゃあなくなっているって言うのにねえ。

 

adobeさん。

本気で聞きたいのですが。

商売する気、あります?

« 2019 年 2月 »
2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728