現在位置: ホーム / shade12+OSX / 小物編 #6

小物編 #6

手始めに、湯飲みと急須を作ってみる。

取っ手の作成

作成前に、取っ手の形状と位置を再確認。形状については、根元から先端に向かって少しずつ膨らむ円筒形だ。それが、胴体の側面から、横方向に向かって伸びている。

そうすると、作成する指針としては、プリミティブの円筒形を、急須の側面に、横向きに作成する。その後、サイズなどを微調整すればよい。

このように、位置や方向を指定してプリミティブを作成したい場合は、マウスで直接指定しながら作成する方法が使える。手順自体は簡単なのだが、少しだけ下準備が必要だ。

 

まずは、プリミティブの根っこになる場所を、あらかじめマウスでクリックして指定する。このとき、もし円筒をX軸方向に延ばしたいのならX軸が表示されている図面(上面図や正面図など)、Y軸方向ならY軸が表示されている図面(正面図や右面図など)、Z軸方向ならZ軸が表示されている図面(上面図や右面図など)で指定する。

今回作成する急須の取っ手は、X軸方向に延ばしたいので、正面図で急須の側面をクリック。

取っ手作成#1

多少位置がずれたとしても、あとで調整が利くので、作業しやすそうな位置をクリックすればよい。

つづいて、作成するプリミティブを選択する。作成するのは円筒なので、胴体のときと同様、「ツールボックス:作成」「ポリゴン」にある円筒アイコンをクリックする。すると、同じように下の「ツールパラメーター」に設定項目が表示されるが、今回はこれは使わない。代わりに、マウスで直接指定する。

 

指定の仕方は、ちょっとだけ複雑。まず、作成するプリミティブの断面サイズを指定する。円筒形の場合は、底面となる円のサイズだ。指定は、延ばしたい軸が見えていない図面で行う。今回の取っ手は、X軸方向に延ばしたいので、X軸が見えていない図面(右面図または左面図)ということで、右面図を使用した。

この図面で取っ手の中心となる位置でマウスボタンを押し下げ、そのままドラッグすると、断面となる円が作成できる。

取っ手作成#2

これで、丁度良いサイズになるように円の大きさを調整する。

 

つぎに、円筒の長さ(高さ)を決める。作業する図面は、プリミティブの根っこになる場所を指定したときと同様に、延ばしたい方向の軸が見えている図面で行う。

正面図に戻って、ちょっとだけ見えている円筒形の右側をマウスで掴み、ドラッグすると、

取っ手作成#3

このように、ずるずると円筒形を引っ張り出すことが出来る。これで、丁度良さそうなサイズに調整してやる。

 

形状の位置とサイズが決まったら、残りの作業は、胴体の時と同じ。「ツールパラメーター」で、分割数UとVを指定して、確定ボタンを押して形状を確定すればよい。

取っ手作成#4

今回は、断面形状(U)に6を、側面の分割(V)に1を指定した。

 

さて、ここで、次の作業に移る前に。

現在「急須」のモデルは、画面を見てわかる通り、二つの形状から出来ている。胴体と注ぎ口が一体化している形状と、いま作成したばかりの取っ手の形状だ。この二つについては、今後も一つの形状にまとめる予定はない。そこで、いまのうちに、この二つの形状に名前をつけておく。

それぞれの形状に、どんな名前が付いているのかは、ウインドウ右上にあるブラウザで確認できる。

取っ手作成#5

「ルートパート」は、他の全てをとりまとめるためのものなので、ここでは無視。その中に入っている二つの「ポリゴンメッシュ」が、今回作成している急須の「胴体+注ぎ口」と「取っ手」だ。どちらがどちらかは、実際に選択してみれば、図面に選択状態が表示されるのでわかるが、ややこしいので、ここに表示される名前を変えてしまおう、ということ。

変更方法は簡単。変更したい名前をダブルクリックすると、

取っ手作成#6

このような変更ダイアログがでてくる。

これで、名前を好きなように変更できるので、

取っ手作成#7

このようにしてみた。

 

さて、残るは、作成したプリミティブの微調整だが。作業内容は、今までの形状の調整と同じなので、詳細な解説は割愛。ざっぱりと、

取っ手作成#8

形状を整えて、

取っ手作成#9

角度を調整して、根元を胴体に埋め込んで、

取っ手作成#10

不要となる面を削除して、

取っ手作成#11

取っ手形状の完成!

 

ちなみに、「不要な面を削除」するときは、作業がしやすいように、胴体の形状を一時的に非表示にしている。やり方は、ブラウザで対応する形状の表示アイコン(目のマーク)をクリックして消すだけ。

取っ手作成#12

 

さて、あとは蓋を作成すれば、急須は全て完成する。

続きは次回。