You are here: Home / shade+OSX / UVマップエディタ操作手引き

UVマップエディタ操作手引き

UVマップエディタの編集操作に関しての覚え書き。

作業の前に

Mak.UVでマッピングをする場合を除き、UVマップを編集する際は、図形ウインドウでUVの図面を選択状態(タイトル部が濃い灰色になっている状態)にしておかなくてはならないので注意。

UV編集領域の選択

 

編集領域の拡大・縮小

他の図面と同様に、UVマップの編集図面も[図形]-[拡大表示]/[図形]-[縮小表示]またはツールボックスの+/-で拡大、縮小することが出来る。UV図面の拡大率は、他の図面(正面図、右面図など)とは別に管理されるため、UV図面の拡大率を変更しても、他の図面の拡大率は維持される。逆に、他の図面の拡大率を変更しても、UV図面の拡大率は変化しない。

UV編集領域拡大

UV編集領域縮小

 

ポリゴンの選択

UV図面でも、ポリゴンの選択は、他の図面と同様に行う。図面ウインドウ上部のコントロールバーで形状編集モードが選択されている状態で、メッシュ編集ツールボックスから頂点、稜線、面選択モードを切り替えて選択状態を変更できる。UV編集では、頂点選択モードが主力となるはず。

頂点選択

頂点選択モード

稜線選択

稜線選択モード

面選択

面選択モード

上図面からもわかる通り、UV図面での選択状態と、正面図などの図面での選択状態は、相互リンクしている。UV図面で選択したポリゴンは、正面図などの編集画面でも、同様に選択状態となる。逆に、正面図などでポリゴンの頂点、稜線、面を選択すれば、該当するUV図面の頂点、稜線、面も選択状態となる。

図面の相互選択

また、これら頂点、稜線、面モード切り替えは、ブラウザでポリゴンメッシュ以外が選択されているときは機能せず、選択モードの切り替えも出来ない。これらの制限は、正面図などでポリゴンメッシュを編集するときの制限と同じ。

ポリゴンメッシュのみ選択

ポリゴンメッシュのみを選択した状態

ポリゴンメッシュ以外も選択

ポリゴンメッシュ以外も選択した状態

 

各モードでの頂点、稜線の選択方法、複数を選択する方法などは、正面図などでポリゴンメッシュを選択する場合と同様に出来る。たとえば、面選択モードで矩形選択を実行した場合は、以下のように選択される。

UVで矩形選択

選択を解除する方法も、他の図面と同様。Optionキーを押しながらUV図面内をクリックすることで、選択状態が解除される。

 

頂点を編集

UVマップのでの編集は、主に頂点の位置を変更する作業となる。頂点の編集方法は、対象となる頂点を選択している状態で、[メッシュ]-[整列]以下にある操作で、正面図でポリゴンメッシュを編集するときと同様に出来る。

UV編集メニュー

同様に、[ツール]-[移動]以下のメニューも使用可能。こちらは、選択状態が稜線や面の場合でも使用できる。

UV編集メニュー#2

無論、頂点をマウスで直接ドラッグすることもできるが、マウスを使用しての作業は、次のマニピュレーターを使用した方が効率がよい。

 

UVマニピュレーター

UV図面でもマニピュレーターが使用できるが、他の図面と異なり、UV図面のマニピュレーターは平面で動作する。マニピュレーターでの操作は、選択状態が頂点、稜線、面いずれの場合でも同様。

平行移動

矢印をマウスでドラッグすることで、U軸またはV軸に平行方向に移動する。

UVM平行移動

 

自由移動

少々見づらいが、マニピュレーターの中心近くにある小さな円をドラッグすることで、任意の位置に移動する。

UVM自由移動

 

拡大・縮小

マニピュレーターの正方形をドラッグすることで、U軸またはV軸方向に拡大・縮小できる。

UVM拡大・縮小

 

回転

マニピュレーターの外側に当たる大きな円をドラッグすることで、図形を任意の角度に回転させることが出来る。

UVM回転

 

まとめ

ポリゴンメッシュ本体の編集に比べて、UVの編集ではマニピュレーターの利便性が高いように感じる。マッピングの典型的な流れとしては、

  1. UV図面で頂点を選択する。頂点が重なっている等で選択しづらい場合は、他の図面(正面図など)で選択する。
  2. 選択した頂点を移動させて、ポリゴンメッシュ各面のUVマッピングに歪みが出ないように調整。
  3. 頂点または面モードで、マッピングした面の塊を選択(たとえば、UVマニピュレーターの説明では耳の内側の面全体を選択している)。
  4. 位置とサイズを調整する。必要に応じて、角度も変更する。
  5. 1〜4を、全てのポリゴン面に対して実行。

となる。