You are here: Home / shade+OSX / 練習-小物編 #7

練習-小物編 #7

習作用に鍋をモデリングしてみる

蓋と胴体の肉厚化

仕上げに、胴体と蓋に厚みを付ける。まずは胴体から。作業がしやすいように、ブラウザの目アイコンのチェックを外して、胴体以外を非表示にしておこう。

肉厚化#1

つづいて、胴体部のポリゴンメッシュのみを選択した状態で、[ツール]-[複製]-[均等拡大縮小]を使って、一回り小さい胴体部のコピーを作成する。この一回り小さなポリゴンメッシュが、胴体の内側になる。そして、複製した内側と外側の「鍋の縁」に当たる部分の高さが合うように、マニピュレーターを使うなどして位置を調整してやる。

大きさが合わないようなら、内側を再度拡大縮小して位置を合わせて、を繰り返す。と、

肉厚化#2

こんな感じになる。

次に、内側に当たる面の法線、つまり面の向きを入れ替える。この作業の前に、三面図のどれでもいいので法線を表示するようにしておくと、結果が確認できるので、作業がやりやすくなる。法線の表示方法は、表示させたい三面図の右上にある立方体アイコンからメニューで選択できる。

法線メニュー

法線表示

新しく表示された赤い点線が法線。大きな赤丸が面上にある点(面の中心位置)で、そこから伸びている赤い点線が法線の向き、つまり面の向きに相当する。上の例だと、面がすべて「外向き」になっているのが確認できる。

 

準備が出来たら、作成したばかりの鍋の内側にあたるポリゴンメッシュの、すべての面を選択する。複製した直後は、鍋の外側と同様に外向きの法線となっているはずなので、これを[メッシュ]-[面反転]で逆向きにする。

肉厚化#3

法線が内向きに変わっているのが確認できるはず。それ以外の見た目は変化しないけど。

以上で下準備完了。

 

つづいて、作成した内側と外側をくっつける。くっつけるためには、ポリゴンメッシュを一つに纏める必要がある。もうダマされないぞ。

・・・いや、誰もダマしちゃいないんだけどさ・・・

とにかく、二つのメッシュをパートに纏めて、[ツール]-[変換]-[ポリゴンメッシュに変換]でひとまとまりのポリゴンメッシュにする。

 

最後に、隙間が空いている鍋の縁の部分の頂点を繋いで・・・

肉厚化#4

鍋胴体の完成!

 

そして、同じ手順を踏むことで・・・

肉厚化#5

鍋の蓋も完成!

 

一粒で二度美味しい。