You are here: Home / shade+OSX / 練習-小物編 #6

練習-小物編 #6

習作用に鍋をモデリングしてみる

取っ手の作成

取っ手は左右対称なので、左側を作成したのち、鏡面コピーで右側を複製する。

左側の取っ手の作成については、ポリゴンの頂点から稜線を引っ張り出す方法ではなく、自由曲面で造形したのちにポリゴン化する手法を試してみることにする。

 

最初に正面図から、取っ手を配置する予定の高さにカーソルを指定してやる。そして[ツール]-[作成]-[開いた線形状]で、取っ手の内側の輪郭を作成する。

取っ手作成#1

全体の大きさや、バランスも合わせるようにする。ただし、この段階では、まだ鍋の側面にぴたりと合わせる必要はない。

 

形状と大きさが決まったら、つぎに[ツール]-[複製]-[拡大縮小]を利用して、作成した内側の輪郭の線形状から、外側の輪郭に当たる線形状を作り出してやる。

取っ手作成#2

 

さらに、作成した内側の輪郭と外側の輪郭、計2本の線形状を、[ツール]-[複製]-[直線移動]を使用して、縦方向に厚みを持った形状となるように増やしてやる。つまり、線形状は「内側上端」「内側下端」「外側上端」「外側下端」の計4本になる。そして各頂点を適当に配置し直して、取っ手のような形に整えてやる。

取っ手作成#3

こんなかんじ。

じつは、この取っ手の形状には問題がある。自身のポリゴン作成の経験不足のため、この段階でその間違いに気がつかずにいた。早い話、このような形状にしてしまうと、UVマッピングが非常にやりづらいのだ。・・・ということに、UVマップをしている最中に気がついた。結局、あとで取っ手を再作成することになったのだが、いまは、この形状のままで話を進める。

 

線形状の作成が終わったら、自由曲面を利用して立体化する。[ツール]-[パート]-[自由曲面]で自由曲面パートを作成して、その中に作成した線形状を順番に入れてゆく。入れる順番を間違えると、立体にならないので注意。

取っ手作成#4

次にこの自由曲面の表示上で右クリック(もしくはCtrlキーを押しながら左クリック)し、コンテキストメニューにある[切り替え]で、表示されている線形状の方向を切り替えてやる。

取っ手作成#5

そして、表示されている「開いた線形状」をすべて選択した状態で、形状情報ウインドウにある「閉じた線形状」のチェックボックスをチェック状態にして、立体を完全な形状にする。

取っ手作成#6

以上で、取っ手のポリゴンの元となる形状ができあがる。

 

こうして作成した自由曲面の形状を、[ツール]-[変換]-[ポリゴンメッシュに変換]を使用して、

取っ手作成#7

曲面の分割を「しない」設定でポリゴンメッシュ化することにより、ポリゴン形状を作り出すことが出来る。

 

こうして出来た左側取っ手のポリゴンメッシュから、鏡面コピーを利用して右側を作成してやって・・・

取っ手作成#8

取っ手の完成!

 

今回は意外とスムーズに出来たな。

・・・と思う無かれ。罠はそのあとに待っていたのだが、今回はここまで。