現在位置: ホーム / shade+OSX / 実践-小動物編#6

実践-小動物編#6

習作の続きにネズミをモデリングしてみる

手を再作成

前回、盛大に自爆した非ローポリ手を、ローポリに直す作業。だが、いきなり手直しに入る前に。まずは、修正内容を検討する。

そもそもの失敗の原因は、ちょっと豪華に動くようにしてみよう、というスケベ心だ。というけで、まずは、この部分を解決したらどうなるか、を計算してみる。

 

一番ポリゴン数喰いまくっているのは、やはり指の関節部分だろう。3段階に分かれている関節部分を、単純な一段階関節にしたらどうなるだろうか。つまり、

ネズミ手再作成#1

これを

ネズミ手再作成#2

こうした場合。

 

指は五角形で作成しているから、削除される面は、ひとつの指で10ポリゴン(四角ポリゴンで計算)。人差し指〜小指までが二関節ずつで、10x2x4=80ポリゴン。

で、親指が一関節だから・・・あれ?

ネズミ手再作成#3

 

・・・・・・・・・・・。

馬鹿か、俺は orz

 

なんなんだ、この親指は。ていうか、親指になってないし。ああ、恥ずかしい。まったくもう。

この修正も入るから、消え去るポリゴン数は、親指分+25ポリゴンとなり、計105ポリゴンとなる。前回の計測で、手のポリゴン数は263面だったから、この修正をしたとすると、158ポリゴンに減ることになる。

 

が。全身の総ポリゴン数が108であることを考えると。

 

・・・ボツ。だめだこりゃ。

というわけで、そもそも指を作ろうとした段階で無理があったと判断するしかない。となれば、解決策は一つ。

指を諦める

つまり、ミトン型で再作成をするしかない、という結論に達した。

 

そうと決まれば、早速作成に入る。まずは、ボツとなった手を破棄。単純に削除してしまっても良いが、あとでなにかの役に立つかも知れないので、非表示にしてリンク対象から外すだけに留めておく。そして、ミトンの形状をさくっと作成。

ネズミ手再作成#4

こんな感じに仕上げた。

この時点でのポリゴン数は、50ポリゴン強。まずまずの数値に収まったので、良しとしよう。

 

尻尾の作成

つづけて、尻尾を作成する。ネズミの尻尾だけに、くねくね動かしたいところだが、あまりポリゴンを分割するわけにはいかない。なおかつ、長すぎると、実際に使用するときに、隣の「何か」に突き刺さってしまう可能性が高いので、そこそこの長さに抑えるようにする。

以上より、尻尾の断面は四角形になるように、そして縦方向に4個程度の関節を仕込めるようにすることにした。

 

形状が単純なので、これも自由形状をクッションにして作成する。せっかくなので、作成方法を書き留めておく。まずは、尻尾のつけ根に円を作成。

ネズミ手再作成#4

なんか可愛いな、これはこれで。

次に、[ツール]-[立体化]-[掃引体]で、ビローンと細長い円柱を作成。

ネズミ尻尾作成#2

これを、[ツール]-[変換]-[自由曲面に変換]で、自由曲面化する。そして、出来上がった自由曲面から、円柱の「蓋」に相当する円形状二つを、ブラウザ上で選択して、

ネズミ尻尾作成#3

[編集]-[削除](またはdeleteキー)で、さっくり削除。

削除できないときは、形状編集モードになっている(図面で稜線が青色になっている)場合が多いので、図形ウインドウ上部にあるボタンでオブジェクトモードになっているかどうかを確認しよう。
ネズミ尻尾作成#2a

 

続けて、尻尾の先端名部に相当するポイントを4個選択する。

ネズミ尻尾作成#3

そして、[ツール]-[形状編集]-[一点に収束]を使用して、円筒を円錐形にする。

ネズミ尻尾作成#5

ここで、作成した自由曲面を、ポリゴンメッシュに変換してやる。

今回は、この段階でポリゴンメッシュ化したが、この後に行っている「尻尾の関節作成」をしてからポリゴンメッシュ化した方が楽だったかも知れない。

 

ポリゴンメッシュ化したら、右半分を削除する。目的は無論、UVマッピングを簡略化するためだ。

メッシュ編集ツールボックス頂点編集モードにしてから、

ネズミ尻尾作成#5

右半身に相当する頂点を選択して

ネズミ尻尾作成#7

さっくりと削除。shadeでは、頂点を削除すると、頂点が構成する面もまとめて削除されるから、結果、

ネズミ尻尾作成#5

こうなる。

 

半身の尻尾が出来上がったら、つづけてメッシュ編集ツールボックス面編集モードにしてから、

ネズミ尻尾作成#5

尻尾の2面を選択状態にして、 メッシュ編集ツールボックスKnifeで、適当な位置で4分割する。

ネズミ尻尾作成#5

こうして出来た尻尾半身を、関節部分のふくらみを整えて、先端に行くに従って「ふんわりと」細くなるようにしてやってから、

ネズミ尻尾作成#5

胴体のポリゴンと一体化する。やり方は、練習-小物編#5で紹介している通り。

合成するポリゴンメッシュ二つを一つのパートに入れてから、[ツール]-[変換]-[ポリゴンメッシュに変換...]する。そして、接続したい「尻尾の頂点」と「胴体の尻尾つけ根先端の頂点」2点を選択した状態で、[メッシュ]-[整列]-[一点に収束]してから、[メッシュ]-[頂点マージ]で一つの頂点にまとめればよい。

この作業を3頂点分繰り返してから、尻尾の位置と角度をマニピュレーターなどで調整して、

ネズミ尻尾作成#12

尻尾の完成!

 

さて、これでネズミの主要パーツが一通り揃った。

次回は、全体の形状を整えて、ヒゲを作成して、ネズミのポリゴンを完成させる。予定。