You are here: Home / shade+OSX / 練習-小物編 #2

練習-小物編 #2

習作用に鍋をモデリングしてみる

六角柱を切断

つづいて造形。バンドソーでポリゴン分割。・・・って、そんなもんShadeにはないです、はい。代わりとなるものは、[メッシュ]-[切断][メッシュ]-[分割]。それぞれ、[表示]-[メッシュ編集]で表示されるメッシュ編集ツールボックス

六角柱切断#1

にあるKnifeボタンとDivideボタンが相当。どちらを使うにしても、切断するポリゴン面を選択しておく必要があるので、まずは六角柱の周囲ぐるりを選択する。これには[メッシュ]-[ベルト選択]を使うと便利。ツールボックスのBeltボタンが相当。

 

まずは[メッシュ]-[メッシュ編集モード]-[面]を選択、もしくはメッシュ編集ツールボックスの面選択を押して

六角柱切断#2

面編集モードにする。そして正面図から周囲の連続した二面を選択し、

六角柱切断#3

しかる後にベルトボタンをポチッとすると・・・

六角柱切断#4

らくちん全周選択。

 

「ろくろ機能」を使って確かに選択されていることを確認してみる。

六角柱切断#5

この「ろくろ機能」は大変便利。通常はXYZ軸平行になっている投影図を、好きな角度から眺めることが出来る。使い方は簡単。マウスカーソルが図面上にある状態でShiftキースペースバーを同時に押すと、カーソルがこんな形(ろくろマウスカーソルに変わる。
この状態で画面内でマウスをポチッと押してずりずりドラッグすると、それに併せて角度がぐりぐりと動く。動き方に癖があるので、慣れるまでは思った方向に向かせるのに苦労するけど。あと惜しむらくは、すべての図面が同時にぐりぐり回転してしまうこと。画面を四分割していても、正面図を動かしただけで上面図や右面図まで回転してしまう。これがなければ、もっと便利なのに。
回転した図面を元に戻すには、ろくろ回転のカーソルの状態で画面内をマウスでワンクリック。一発で戻る。

 

全周選択できたところで、Knifeボタンを押してから六角柱を横にスパリ。

六角柱切断#6

次に六角柱の上半分だけの全周を選択し直して、Divideで縦横2分割を指定する。その状態でふたたびKnifeを押して六角柱の最上段をスパリ。

六角柱切断#7

こんな感じ。これでポリゴン分割の下準備が終了。