現在位置: ホーム / 金魚 / 金魚飼育の豆知識 / Q. 金魚は何日ぐらい食べなくても大丈夫ですか?

Q. 金魚は何日ぐらい食べなくても大丈夫ですか?

作者: h2 最終変更日時 2012年06月30日 03時15分 |
カテゴリー: ,
A. それまでの給餌状態にもよりますが、おおむね一ヶ月程度は大丈夫です。

体調が悪いときなど、むしろ数日程度絶食させた方が良いくらいです。これは、金魚の消化能力がそれほど高くないためで、餌を与えることで消化作業に体力を奪われてしまい、余計に体調が悪化してしまうことを防ぐためです。

とはいえ、金魚だって生きているわけですし、面白半分の絶食は、するべきではありません。元気がある時は、十分な餌が食べられるように配慮しましょう。

 

参考までに、ですが、2011年に起きたニュージーランド地震で被害に遭った金魚が、四ヶ月後に生還したという記録が残っています。YouTubeにニュース映像が載っていますが(冒頭に宣伝が入っていますので注意して下さい)、可哀想なほどにやせ細っているのがわかります。若い金魚だったことや、夏場ということで水槽に虫などが落ちてくる機会があったのかもしれないなど、幾つかの偶然が重なった結果、生き残ることができたのだろうと思われます。通常ならば、ここまで長期の絶食は餓死させてしまう可能性が高いですので、決して真似をしないようにして下さい。

タグ: ,