現在位置: ホーム / 金魚 / 金魚飼育の豆知識 / Q. 大きさが違う金魚を一緒に飼えますか?

Q. 大きさが違う金魚を一緒に飼えますか?

作者: h2 最終変更日時 2012年03月17日 16時35分 |
カテゴリー:
A. なるべく同じ大きさの金魚を飼うようにしましょう。

大きさか違う金魚を一緒に飼うときに、一番困るのが、餌が偏ることです。金魚は、餌を独占するような行動(ほかの金魚を餌場から追い払うような行動)は取りませんが、大きさが違うと、どうしても餌を食べる速度に差が出ます。

たとえば、粒状の餌を、小さい金魚が一粒食べている間に、大きい金魚は十粒、二十粒と食べてしまう、などです。そのため、大きい金魚は、食べ過ぎによる肥満や下痢などを起こしやすくなり、逆に小さい金魚は、餌が足りずに、いつまでたっても小さいまま、となってしまいます。

同じようなことは、素早く泳げる金魚(鮒型の金魚)と、泳ぐのが下手な金魚(樽型の金魚)の間でも起こります。

必ずしも飼えないことはないのですが、理想としては、一つの水槽で飼う場合は、同じ体型で、同じ大きさの金魚を飼うようにしましょう。

タグ: