現在位置: ホーム / 金魚 / 金魚のサイズ

金魚のサイズ

金魚の大きさは、どこを基準に測っているのでしょうか。

金魚の大きさ

金魚の大きさを表す方法は、主に二通りあります。頭から尾鰭の端まで、全部を含めての長さを表す「全長」と、頭から尾鰭の付け根まで、つまり胴体にあたる長さを表す「体長」です。

和金のサイズ琉金のサイズnull 

昔は、金魚の大きさを測る場合は、体長、体高が基本でした。鰭の長さは、金魚の大きさとしては勘定されなかったのです。しかしながら、最近は、雑談なども含め、大きさと言った場合は、全長を指すようになっているようです。それも、本当の意味での全長ではなく、金魚が泳いでいるときの、見た目での全長を指すようになっています。

全高、全長を測る場合は、正式には、すべての鰭をぴんと張った状態で測ります。釣りなどで、釣った魚の魚拓をとるときの測り方と同じです。

金魚の頭

頭と胴体

金魚の頭といった場合は、大まかに口の端から鰓蓋の先端まで、ちょうど鰓蓋の先端部で輪切りにしたような状態の部分になります。もう少し厳密にとる場合は、図のように、鰓蓋は頭、鰓側は体に分類します。魚市場で、冷凍マグロが競られているときなど、頭としっぽを落とした状態で並べられていますが、あんな感じに分けます。