現在位置: ホーム / Cheetah3D+OSX / マグカップ作成#5

マグカップ作成#5

お試しでマグカップを作成してみる

設定したマテリアルにUVマップを展開する

まずは、Cheetah3Dの画面レイアウトをUV編集に変更する。

UV編集#1

すると、画面がこのように変化する。

UV編集#1

画面の左半分がUVマップの編集、右半分が編集結果を確認するための3Dビュー、という構成だ。この画面の左半分を使用して、UVマッピングを行う。

ところで、UV編集画面に移行すると、はじめから上図のように、なんとなくそれっぽいマッピングが施された画面が出てくる。これは、ポリゴンを作成した段階で、UVが自動でマッピングされているためだ。とはいえ、ごく簡単な形状でもない限り、この自動マッピングの結果まんまで間に合う、なんていうことはない。

そこで、適切なUVマッピングをやり直す必要があるわけだが。

 

自動マッピングの結果をもとに微調整を行う

まずは、カップの胴体部分からいってみよう。カップの胴体部が、初期段階でどのようにマッピングされているか確認してみる。方法は、3Dビューを利用すると、簡単にできる。3Dビューで、胴体周りを構成しているポリゴンを選択してやればよい。

UV編集#3

ツールバーでポリゴン編集モード選択ツールを指定して、3Dビューで胴体周りのポリゴンを順に選択して行く。Shiftキーを押しながら選択すれば、複数のポリゴン面を選択できる。間違えた面を選択した場合は、コマンドキーを押しながら再度選択すれば、選択をキャンセルできる。

ついでに、この作業中に、新しく修正された機能に気がついた。ver.5.6になって、「複数の頂点の選択」が出来るようになっているらしい。やり方は面と同じで、Shiftキーを押しながら選択して行くだけ。うむ、ナイス。これでだいぶ造形が楽になる。

さて、胴体周りを全て選択すると、

UV編集#4

このようになる。3Dビューで選択したポリゴン面と同じ物が、UVエディタの画面でも選択されているのがわかる。あとは、この選択された範囲を、移動変形ツールを使用して適当に修正してやればよい。今回は、 縦方向の長さを半分にした上で、画面の上半分に寄せてあげて、

UV編集#5

このように仕上げてみた。

 

さて、次にカップの底の面。この面のUVマッピングを調整・・・しようとしたときに、はたと気がついた。

・・・六角形の板ポリ分割を修正するの忘れているじゃないか orz 。あーあ、まったくもー。

このまま作業を進めても良いのだが、ローポリといっている以上、このまま捨て置く方はないな。というわけで、マッピングを一時中断して、編集画面に戻る。UV編集画面でも、3Dビュー上である程度の修正作業は出来るのだが、作業領域が狭いし。

 

ポリゴン面を張り直す

で、編集画面。まずは、カップの底面に張られている面を全て選択して、

底面の張り直し#1

deleteキーで、さっくりと削除してやる。

つづいて、ぽっかりと空いた穴に、改めてポリゴンを張り直す。ポリゴンの作成は、ポイント編集モード選択ツールを指定した上で、メニューから[ツール]-[ポリゴンツール]-[ポリゴンを作成]を指定して、

底面の張り直し#2

面を張りたい頂点を、反時計回りになるように一周分選択して、最後に始点を選択すれば、新しい面が張られる。

ちなみに、[ポリゴンを作成]では、何もない場所に新しい頂点を配置して、まったく新規にポリゴンを作成することも出来る。

ポリゴンの新規作成

何もない空間をクリックすると、青い頂点が配置され、順にクリックすることで、新しい頂点と稜線(黄色)が作成される。最後に始点(最初に作成した青い頂点)をクリックすれば、新しい面が張られる。また、すでに配置済みの頂点については、再度クリックすることで配置をキャンセルすることが出来る。

 

以上を繰り返して、底面の穴を4枚の三角ポリゴンで塞いで、面の張り直しが完了。

 

つづいて、新しく張り直した面に、UVマッピングを施す。

以下、次回。