You are here: Home / Cheetah3D+OSX / マグカップ作成#3

マグカップ作成#3

お試しでマグカップを作成してみる

形状をまとめる

全体の形状が出来上がったところで、あとあと取り扱いやすいように、ひとまとめにする。

二つ以上のオブジェクトを一つにまとめる方法は、とりあえず二つある。一つは、グループを作成して、そこにまとめる方法。

まずは、まとめたいオブジェクトを、オブジェクトブラウザ上ですべて選択する。二つ目以降のオブジェクトは、Commandキー+クリックで選択できる。選択したら、それらのオブジェクト上どこでも良いので右クリック(またはControlキー+クリック)すると、コンテキストメニューが出てくるので、

オブジェクトのグループ化

グループ化を指定すれば、選択されているオブジェクトがひとまとまりになる。

オブジェクトのグループ化#2

グループ化は、複数のオブジェクトをまとめて取り扱う手段としてはお手軽なのだが、一つ欠点がある。マテリアルの適用が、結局独立してしまう、という点だ。

白状すると。当初は、この方法で作成を進めていたのだが、テクスチャを設定してUVマップを展開する段になって、どうしてもマップが複数に分割せざるを得ない状況に陥ってしまったのだ。

・・・って、言葉だけだとわかりづらいと思うが、詳しくは、以降で実践するUVマッピングの部分で触れることにして、とりあえず先に行こう。

 

話を戻して、複数のオブジェクトをひとまとめにする方法の二つ目。こちらは、さらに単純。複数のオブジェクトを、一つのオブジェクトにしてしまおう、というわけだ。

手順としては、ちょっとややこしい。まずは、まとめる予定のオブジェクトのなかから、代表する一つを適当に選ぶ。次に、残りのオブジェクトを、オブジェクトブラウザ上でドラッグして、代表するオブジェクトの子オブジェクトとする。

オブジェクトの合成#1

親子関係の設定が終わったら、親のオブジェクトを選択している状態で、メニューから[ツール]-[子オブジェクトの取り込み]を実行する。

オブジェクトの合成#2

これで、親オブジェクト内に子オブジェクトがコピーされる。もととなる子オブジェクトはそのまま残るので、見た目上の変化はないので、わかりづらいのだが。

あとは、複製元の子オブジェクトを削除してやれば、

オブジェクトの合成#3

一体化完了!

 

さて、このあと、これにマテリアルを設定してUVマッピングをするわけだが、その前に。

形状が完成したので、全体のサイズを調整しておこう。いつまでも高さ1mの巨大カップでは、おちおちコーヒーも飲めやしない。

 

サイズの修正だが、Cheetah3Dでは、XYZ軸全てを均等に拡大縮小する手段というのが見当たらない。いろいろ試してみたが、どうやら軸毎に独立して拡大縮小するしかないようだ。仕方がないので、各軸ごとに分けて縮小をかけてやるわけだが。

やり方としては、ピポットツールを使用して視覚的に拡大縮小する方法と、

オブジェクトのリサイズ#1

プロパティウインドウ上で数値を直接入力する方法がある。

オブジェクトのリサイズ#2

あるいは、この二つの方法を併用する。これが一番よさそうだ。

 

というわけで、まずはカップの高さを10cm程度に合わせる。

オブジェクトのリサイズ#3

ビロ〜〜〜ン。

ついでに、カップが机にめり込まないように、底面の位置も合わせた。

つづいて、水平方向のサイズを合わせる。これは、すでに合わせた高さを基準に、全体の形状がそれっぽくなるように調節する。これで、

マグカップ形状完成

マグカップの形状が完成!

 

さて、つづいて、マテリアルを設定してテクスチャを割り当てる。

以下、次回。